神経を取らない治療


神経を取らない治療は、歯の寿命を延ばします。

深い虫歯の場合、虫歯の部分を全て取り除こうとすると、

神経を刺激したり、神経まで穴があいたりして、神経を取る事になります。

もちろん、虫歯を取り残せば、

神経を刺激したり、神経まで穴があいたりする事もありません。

残した虫歯は、進んでいきます。

虫歯はお砂糖だけで生活しているわけではありません。

虫歯の取り残しは、

歯の外部(口の中)と遮断されても、歯の中で生きています。

おそらく、歯の神経にある血管から栄養を得ているものだと考えられます。

歯磨きをしなし、そしてお砂糖の摂取が虫歯のすべての原因だとするならば、

歯の中に閉じ込めれた虫歯は、栄養を得る事ができず、死滅するはずです。

しかし、

そうではないのが、現実です。

まだまだ、解明されていない事、知られていない事、世の中に広まっていない事が

たくさんあるのです。

今通っている歯医者さんに尋ねてみてください。

「虫歯の取り残しがあった場合、なぜ、歯の中に閉じ込められている虫歯は進むのですか?」

素朴で単純な疑問ではないでしょうか?

話は戻ります。

虫歯の取り残しをすれば、神経を温存する事が出来ます。

そして、

虫歯の取り残しを殺菌し、硬くする方法がドックベストセメントなのです。

素晴らしい治療方法です。

医療法人健世会 なかの歯科クリニック

大阪市住吉区苅田3-17-24ハイツ粟新1F

06-6606-2500

最寄駅

地下鉄御堂筋線あびこ駅徒歩4分

JR阪和線我孫子町駅徒歩10分

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。