06-6606-2500

なかの歯科クリニックブログ

February 28, 2017

月曜~金曜日のお昼休みがなくなりました。

フルタイムオープンです。

9:30~19:30となります。

初診最終受付は19時です。

土・日・祝は

従来通り

9:30~13:30 15:30~18:00

です。

年末年始の休みは、

12月30日・31日。

1月1日・2日・3日

となっています。

年始は1月4日(水)より通常どおり診療しております。

よろしくお願い致します。

December 2, 2016

【歯の血管をとる】

あなたは、
「歯の血管」を取る治療を受けた事ありますか?

多くの方は、
そんなの初めての聞いた!
歯の血管を取る説明なんて聞いた事はない!
との答えでしょう。

あなたは、
歯の血管を取られたいですか?

おそらく、ほぼ全員が嫌!
となる事だと思います。

「血管を取る」という事は、
「血液を永久的抜く」のと同じです。

血を永久的に無くす事は、
「命を抜く」のと同じです。

「歯の血管を抜く」治療
は、
「歯の命を抜く」治療

?????

歯の命を抜くのが治療??
命を取るのが治療?

おかしいですよね。
疑問に感じませんか?

歯の命を抜く治療、
...

October 28, 2016

【神経を温存】

歯の神経を取るという事。
実は、
神経と共に、歯の中の「血管」も
取るのです。

血が通わないという事は、
細胞や組織は元気ですか?

神経を取るという事は、血が通わない状態にするという事なのです。

だから、
歯の神経を温存する事は、
歯の寿命が長くなります。

歯の寿命を考えた治療を、したいのであれば、
当然神経や血管を抜いてはいけません。

神経を温存する方法を選択しなければなりません。

神経を取って、セラミックを被せて綺麗にしたとしても、
神経を取らない場合と比較すると、歯の寿命は短くなります。

だって、血が通わないんですよ!
栄養を...

神経を取らない治療は、歯の寿命を延ばします。

深い虫歯の場合、虫歯の部分を全て取り除こうとすると、

神経を刺激したり、神経まで穴があいたりして、神経を取る事になります。

もちろん、虫歯を取り残せば、

神経を刺激したり、神経まで穴があいたりする事もありません。

残した虫歯は、進んでいきます。

虫歯はお砂糖だけで生活しているわけではありません。

虫歯の取り残しは、

歯の外部(口の中)と遮断されても、歯の中で生きています。

おそらく、歯の神経にある血管から栄養を得ているものだと考えられます。

歯磨きをしなし、そしてお砂糖の摂取が虫歯のすべての原因だとするなら...

削らない治療のホームページを作りました。

削らないメリットはかなり大きいのですが、

あまり、世の中に知られていません。

保険診療は、虫歯は全て削ってから詰めるが基本だからです。

保険診療では、虫歯が深い場合、痛みが無くても神経をとりました。

痛みのない場合でも虫歯が深い事があるからです。

神経を取り除いてでも虫歯を完全に取りきるのが、保険診療の考え方です。

ドックベストセメント療法では、虫歯を全て取りきる必要はありません。殺菌・ミネラル補給で治癒する虫歯は、残します。

つまり、神経を取らなければならないほど削る必要がなくなるのです。

深い虫歯の場合、...

Please reload

お知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload